コンタクト情報

ハリスツイードのオーダーコート

 

いよいよ本格的に寒くなる気配がしてきましたね。そんな今日はCENTOのオーダーコートをご紹介したいと思います。

デザインはピークドラペルのチェスターコートです。生地はブラック・カラーのハリスツイードをセレクト。独特のハリとコシはハリスならではで、しっかり衿のロール感に活かされていマス。またウェイトのあるハリスツイードですから仕立て上がりの軽さにもこだわりました。着れば納得の軽さ!もしっかり実現してあります。

 

そもそもハリスツイードって何?:Harris Tweedとはスコットランド北西部にあるハリス&ルイス島の島民たちが織るいわゆるホームスパン。人力織機を使って織りあげられ加工を一切施さない素朴な「ぬくもり」ある質感と剛健さが魅力の数あるツイードの中でも高い知名度を誇る、まさにキング・オブ・ツイードな生地ブランドなんです。

 

太めのピークドラペルで大人セクシーを演出。ステッチも存在感があって太めのラペルにしっかり映えています。

コートの素材感としてはカシミヤやフラノ、ラビットやビーバーももちろん良いのですが、ハリスツイードの素材感の「らしさ」もなかなか趣があって素敵です。個人的にはハリスのモコモコ感に「可愛さ」を覚えてしまいマス♪

 

後ろはこんな感じです。アクセントにバックベルトを装着させることで全体を締めるイメージ。

 

コートの内側です。裏返して撮影してみました。もちろん総裏のエレガントな感じも好きなんですが、こちらも雰囲気ありますよね。軽快さを感じマス。

 

以上、ハリスツイードのオーダーコートのご紹介になります。

コートはスーツやジャケットに比べると格段に購入する回数は少なくなると思いマス。後悔のないようコート選びの参考にされてみて下さい。

 

 

05 day 11  2012

LUIGI BORRELLIのM-65ブルゾン

 

厳密に言うと肩のエポーレットが付いていないのでM-65風が正しいですね。

ってコトでLUIGI BORRELI(ルイジ・ボレッリ)からM-65風のアウターが入荷してまいりました。流石のボッレリ・クオリティ、高級感が抜群にあります。

 

M-65って何?:M-65型フィールドジャケットの略称。アメリカ軍の野戦用ジャケットの一つで、人気の高いモデルです。1965年に採用されたことから、M−65という名前みたいです。

前身にポケットが4つあってスタンドカラー(中に簡易のフードが収納されています)に肩章(エポーレット)が付いているのがM-65の特徴です。デザインの完成度が高いので様々なファッションブランドから「M-65」をモディファイしたジャケットやアウターが発表されています。

 

立ち衿の佇まいも見事で大変ハンサムです。スナップ受けのベージュのマーキングが何気にイタリアのセンスの良さを感じてしまいマス。

肝心の保温性ですが中綿が入っていますので安心バッチリでございます。

 

フロントのダブルジップも嬉しいディティールですよね。

しつこいようですが、ベージュのポイントがなんともお洒落♪

 

バックスタイル。衿の中央にボッレッリの刺繍が施されています。分かる人にはすぐ分かるワンポイントであります。

 

 

価格¥102,900-(税込)

サイズ 46. 〜 50. でご用意しております。

カラー:ネイビーのみ

 

「さりげないけれど、とてもイイ♪」を具現化したアウターブルゾンです。違いの分かる大人の方に是非!オススメです。

 

02 day 11  2012

CENTOのオーダージャケット

 

10月もあっという間に今日が最終日ですね。皆さま、10月もお疲れ様でした。

 

10月最後の「CENTO NEWS」はお客さまのオーダージャケットをご紹介します。

生地はCANONICO(カノニコ:伊)のスーパー120’s.フランネル素材でカラーはチャコールグレーです。

 

 

デザインは高めのゴージラインにエッジの効いたラペルがシャープな印象の2ボタンです。

霜降りのフラノ素材の表面感とモダンなデザインが相まって都会的で洗練された、そんな雰囲気のジャケットです。

ネクタイは華やかなイエロー・ゴールドのレジメンタルが眩しいDOLCEPUNTA(ドルチェプンタ)のネクタイを合わせてみました。サテンの光沢感が素晴らしいです♪

 

 

カノニコのフランネル生地だけでも無地からストライプにチェック柄と豊富にご用意しております。

ボリュームが多過ぎるると嬉しい反面、生地を選ぶのに疲れてしまったり迷ったりすることもあるかと思いマス。そんな生地選びもCENTOではアドバイスも交えてしっかりサポートしご提案いたしますのでご安心くださいませ。

 

では皆さま、11月もCENTOをよろしくお願いいたします。

 

 

31 day 10  2012

Gran Sassoのニットダッフル

 

週の始めの月曜日はGran Sasso(グラン サッソ)からショート丈ニットダッフルコートをご紹介します。

 

日本ではまだまだ知名度の低いグランサッソについて簡単ですがご紹介します。

Gran Sasso(グランサッソ):1952年イタリアのローマから150kmほど離れたテーラモの地にて創業したニット専門メーカーのオリジナルブランドです。60年間で養われた縫製技術と上質な素材づかいに定評があり、今なおモダンなデザインを市場に供給し続けているニットの老舗です。

 

ウール100%のローゲージ編み。グレーとレザーのコントラストが秀逸でなんともウォーミーな雰囲気です。

 

ポッコリとした 腰ポケット。やや小ぶりなデザインが可愛いんです。

 

フードのボリュームも◎。衿もしっかり立っていますのでサイドからの見た目もカッコイイです。

フードはボタンで簡単に着脱が可能です、お好みでどうぞ。

 

¥78,750-(税込)

サイズ展開は 46. 48. 50 でご用意しています。

 

温かい、可愛い、上品と三拍子そろった老舗がつくるニットダッフル、是非チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

 

 

29 day 10  2012

TOPへ