コンタクト情報

CENTOが誇るカミチェリア

 

オーダーシャツが仕上がってきたので、ご紹介したいと思います。

 

CENTOのオーダーシャツは職人さんの縫製ラインと工場縫製ラインの2つをご用意しています。

価格は職人さんラインで¥28,350-〜、工場ラインで¥21,000〜になります。

 

今日はその職人さんが作るシャツについてです。

その道一筋で、シャツを作り続けて四十年。とても丁寧な仕事をしてくださる職人さんです。

CENTOをスタートするにあたり、「ウチは数もこなせないし、今すでに手一杯だから…」と乗り気じゃないマエストロに頭を下げ、なんとか取り組んでいただいたのがはじまりです。その結果、シャツ好きの顧客さまからもご満足いただいているCENTO自慢のオーダーシャツです。

 

CENTOが依頼する衿型やニュアンスを時には話し込みながら、しっかり汲み取っていただいております。

ステッチワークが大変美しいのも自慢です。

 

アームホールから見える袖付けの画像です。CENTOでは標準で袖の後付けを採用しています。

南伊に伝わるハンドメイドの袖付けのディティールですね。肩袖まわりを立体的にし着やすくする手法です。

地味で見えないところですが、手間と時間とシャツへの思想がしっかりと詰まっています。

 

生地は国産の生地をはじめトーマスメイソン、カンクリーニ、デヴィッド・ジョン・アンダーソン他を多数ご用意しております。

 

納期は約一ヶ月です。

 

量産は出来ないですが、素晴らしいシャツをお届けいたします。

 

当店自慢のオーダーシャツを是非一度お試しください。

 

 

28 day 09  2012

Lubiamの2WAYジャケット

 

前回に続き、ルビアムの2WAYジャケットをご紹介します。

 

「Traveling Jacket」というモデルで、フロントライナーが付くいわゆるスポーツジャケットです。

ライナーはジップで簡単に着脱が可能になっており、ライナーを外せばクラッシック・モダンなジャケットとして、付ければアウターとして使っていただける着用範囲の広い便利なアイテムです。

 

素材はウール100%.柄は荒めのピンヘッドでカラーはグレーです。

Glanshirtにフランコ バッシのカシミヤネクタイを合わせてみました。

 

ライナーを外すと、通常のジャッケトスタイルに。

ライナーあるナシで表情が大分かわりますね。

 

ライナー、カラークロス、エルボーパッチの色目はライトグレーで統一されているのがとても上品でスマートです。

 

価格は¥86,400-(税込)

サイズ展開は 44 〜 50 でご用意しています。

 

この冬は是非、あったら便利 ♪なルビアムの2WAYジャッケトで幅広いファッションを楽しんでいただけたらと思います。

 

27 day 09  2012

Lubiamのアンコンジャケット

 

Lubiam(ルビアム)のアンコンジャケットが入荷しました。

 

ジャケットをご紹介する前に、まずルビアムついて触れたいと思います

 

-ルビアムって何?どんなブランド??-

イタリアで最も古いファクトリーブランドの一つ、Lubiam社。1911年にイタリアのマントヴァの地にて創業。100年の間、4代にわたってサルトリア(服の仕立て:意)の技術・ノウハウを継承しイタリアンラグジュアリー、ハイクオリティ、エレガンスを体現する老舗のクロージングメーカーです。

すでに日本市場で認知されていますブランド「L.B.M.1911/エルビーエム1911」はこのルビアム社のカジュアルラインになります。さしずめ、Lubiamが同社のドレスラインといったところになりますでしょうか。

 

ソフトなツイード素材がウォッシュド加工(製品洗い)により絶妙な風合いに仕上がっています。

またやや青みがかった明るめのミディアムグレーも秀逸で、一つ上のクラス感を醸し出しています。

単品使いはもちろん、チャコールのウールパンツや写真のようにトーン&トーンで合わせていただければ『今』な感じでスマートではないでしょうか。

 

背のデザインはサイドベンツです。ウォッシュド加工により表情あるステッチの雰囲気がステキですね。

 

裏は一枚仕立て。タッチはソフトで軽く、羽織ると肩のおさまりも良く大変着やすいです。

 

価格は¥89,250-(税込)

サイズ展開は 42〜50 でご用意しています。

 

この着やすさと絶妙な色合い&風合いは、ちょっとした感動を覚えるほどです。

是非店頭でお確かめください。

 

25 day 09  2012

CENTOオリジナルスーツ

 

今日はCENTOのオーダースーツをご紹介します。

生地はイタリアのカチョッポリから、大柄なチェックをセレクトしました。

デザインはダブルの6ボタン、ラペルは太めでゴージの位置もやや高めです。

ネクタイは太めのラペルに合わせてアンジェロ・フスコのセッテピエゲを合わせてみました。

 

ラペルの太さやゴージの位置はお好みに合わせてバランスを取りますので、ご安心ください。

 

Caccioppoli(カチョッポリ)-1920年創業イタリアはナポリを代表する老舗。

 

生地は他にもDORMEUIL(ドーメル:仏)、HOLLAND&SHERRY(ホーランドシェリー:英)、DRAPERS(ドラッパーズ:伊)、CANONICO(カノニコ:伊)、日本を代表する御幸毛織のナポレナ…more を扱っています。この辺はまた追ってご紹介していきたいと思っています。

 

是非一度、CENTOでオーダースーツやジャッケトのお仕立てをご検討くださいませ。

たくさんの生地バンチをご用意してお待ちしております。

24 day 09  2012

TOPへ